Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒豆の本当の灰汁

                             黒豆の本当の灰汁1


今日は朝から発送用の乾燥重量3kgの黒豆を炊きました。

  直径33cmの寸胴鍋です    黒豆の本当の灰汁2



点火して過熱すると灰色の泡がどんどん出てきます。
これが黒豆の灰汁だと思っている人が多いのですがこれは表面から出る灰汁です。

    
    黒豆の本当の灰汁3


中火で煮込むこと2時間ぐらい経つと墨汁のような灰汁が豆の中から出てきます。
これをしっかり取らないと煮汁を濁らせる原因にもなりますし
出来上がり後にモロモロになって豆にへばり付き見た目が悪くなります。

   
  黒豆の本当の灰汁4


この墨汁のような灰汁が出なくなったら豆の柔らかさを見て煮る作業は完成です。
このときにこのまま味を付けると鍋壁に付いた灰汁が剥がれて混入するので
必ず別の鍋に移し変えて味付けの作業に入ります。

 黒豆の本当の灰汁5  黒豆の本当の灰汁6  
  鍋壁に付いた灰汁                     レードルですくった灰汁

圧力鍋で炊くという方もおられるようですが
この墨汁のような灰汁をどうやって取り除くのか疑問です。



     コメントは → 



スポンサーサイト

<正月料理> おせち料理にゆで卵を使われる方へ

 写真-20061225DSCI0002.jpg

   購入はお早めに!

意外に知られていないことですが
ゆで卵を剥くときに、きれいに剥ける卵と
どうやってもボロボロにしか剥けない卵があります。

これは古い卵と新しい卵の違いによります。

鶏が産卵後おおむね120時間以上経過した卵は
茹でた殻がツルッと剥けます。

新鮮卵というふれこみなのに茹でた殻がツルッと剥けたら
産卵後120時間以上経過した古い卵ということです。



※ 茹で卵をするときに新鮮卵を使わざるをえないときは
  一旦冷凍してから茹でるときれいに剥けます

ホット・ラムって、どんな飲み物?

昨日の私の記事で「ホット・ラム」という言葉を使いましたところ
それは、『どんなもの?』とのご質問を頂きましたので
ちょっと、この場で紹介させて頂きます。

一般には「ホット・バター・ド・ラム」と言う体を温める飲み物で、
日本の玉子酒に匹敵するイギリスの飲み物だそうです。

簡単な作り方がここに載っていますので、ご覧下さい。
材料の量を細かく書いてありますが、私はすべて目分量で作っています。

«  | トップへ戻る |  »

プロフィール

コロコロこころ

Author:コロコロこころ
ご意見やコメントはメールフォームにお願いします。

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

これまでのパンダの足跡

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

IPアドレス・ホスト名検索

 

 

暇つぶしにどうぞ!

 

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。